三宝尊(一塔両尊)について

三宝尊(さんぼうそん、さんぽうそん)とは法華宗・日蓮宗の本尊で、仏・法・僧の三宝を祀るための仏像のことです。仏教は元来、三宝を尊ぶ宗教ですがこの三宝の象徴的存在が三宝尊です。

日蓮宗・法華宗の各宗派内で三宝尊についての捉え方はまちまちですが、釈尊本仏論派の一つの解釈として、法の第一を法華経とし、僧の第一を日蓮とし、僧の第一を日蓮とし、三宝のそれぞれの第一を一つの本尊としてまとめたものが三宝尊である、というものです。

一塔両尊

 

三宝尊には様々な形式がありますが、ここでは一般家庭に多く見られる一塔両尊形式のものを紹介します。

 

 

中央に「南無妙法蓮華経」と書かれた題目宝塔、左に釈迦如来、右に多宝如来が祀られています。