仏壇・仏事のよくあるご質問

お仏壇お仏事に関することで滝本仏光堂がお客様からよくお受けするご質問にお答えします。
これ以外にも疑問やご不明点などがございましたら、お気軽に滝本仏光堂までご相談ください。

お仏壇について

はっきりと決まった時期はございません。御不幸があった場合は、満中陰(四十九日)の法要までにご用意されるとよいでしょう。また年回忌、お盆、お彼岸、家の新築時にお求めの方も多くいらしゃいます。

お仏壇の置き場所で、必ずこうでなければいけないという決まりはありません。お給仕しやすい、お参りしやすい場所にされるとよいでしょう。また向きも、諸説があり、決まりはありません。お仏間以外では、床の間や居間、押し入れを改造する方法などがあります。

一番いい方法としては、お寺様にお願いして、魂抜き(お性根抜き)をしていただいた後、焼却するというのがよいでしょう。当社でも承っております。

日本に仏教伝来以降、寺院が建立され、室町時代ころから各家庭に仏壇が安置されるようになりました。多くの日本人にとってお仏壇は、宗派の御本尊に合掌し・お位牌とともにご先祖様や亡くなった親族をお祀りし、心の対話するためのものです。本来は故人の魂は私たち一人一人の心の中にあるもので、対象物は必要でないという人もおられますが、もともと日本人は、形にこだわる習性があり、仏壇を安置するのが望ましいと考える方が、大多数です。

お仏壇の価格の違いは、仏壇が日本古来よりの伝統工芸品であることより、主として 技術の難易度、使用する材料の品質、製作に要する労力、期間、完成品の芸術的評価など様々な要因により異なって参ります。たとえば 金仏壇では、木地、彫り物、下地、金箔、漆工程、蒔絵、金具などの多くの伝統技術、品質により、また国産品と海外品によっても大きな差異があります。

近年インターネットにて仏壇が販売されていますが、写真のみで品質、材質、色具合、大きさ等をチェックすることは、ほぼ不可能であり、アフターケアに問題点が多い等、朱敗例、苦情が多くみられます。店舗で実際にみて、説明をうけて納得して、買うことのできる仏壇店をお勧めします。

日々のお参りの仕方は、お花・ご飯・お茶・お水・供物を供え、読経、礼拝合掌するのが基本です。そして、常にお仏壇の内外をきれいに保つことも大事です。

当社では、長年の伝統の技術と経験を保有しております。金仏壇・唐木仏壇など各種の仏壇のリフオーム・修理・洗いなど承っております。御一報いただければ、専門の技術者がすぐにもお伺いいたします。また新築までの修理やお預かりもしておりますので、ご用命下さい。

金仏壇のお手入れは、漆塗りのところは、柔らかい布で拭いてもかまいませんが、金箔のところは、絶対に拭いてはいけません。毛バタキで埃を払うだけにしましょう。唐木仏壇はからぶきだけでいいです。どちらの仏壇も汚れがひどい場合は、少し湿らせたタオルで拭いて下さい。お仏壇を拭く専用の布や艶出しも販売してますので、ご利用下さい。

お仏具について

お位牌は、亡くなられた方そのものを表す、お姿です。必ず満中陰(四十九日)の法要に間に合うようにご準備下さい。お位牌の大きさは、ご先祖のお位牌がある場合は基本的に大体同じか、一段小さくつくります。作製に1~2週間を要しますので、亡くなった方の戒名(法名)、年齢、名前、亡くなられた日付をひかえて早めにご来店下さい。

生前にお位牌をつくっても何の問題もありません。『逆修牌』といってむしろ縁起がいいと考えられ、功徳も大きいとされています。生前の位牌の場合不老長寿の願をこめて、戒名は朱色で作ります。

通常、仏壇の向かって右が上座、左が下座となりますので、御先祖様を一番右にしてそれ以後順番に左においていきます。

無宗派で戒名をつけていない方は、後日お寺様を見つけて戒名をつけていただくことも可能ですが、そのまま戒名なしでいかれる場合は、その方の俗名をお位牌の正面に彫られるのが一般的です。

お仏事について

基本的に、必ずいつまでに納骨しなければいけないという決まりはありません。既にお墓がある方は、満中陰(四十九日)の法要当日に合わせて納骨する場合が多いようです。納骨の時期は様々です。御家族が納得されることが大事です。

納骨式までの手順ですが、お寺様に事前に連絡し日程を決めます。親戚や参列者に連絡し、お花・お供え物、埋葬許可証等もご準備下さい。

法事とは、故人の供養のために行われるもので、追善供養ともいいます。お葬儀後、初七日、四十九日、百か日、一周忌、三回忌と続き三十三回忌または五十回忌で一般的には終了します。

仏教には、さまざまな宗派がございます。根本的なものは同じですが、宗派により御本尊,教義、お経、その他作法も少しずつ異なります。またお寺様によっても、多少の違いもあります。もよりのお寺様にお尋ねされると良いと思います。

無宗教の場合は、戒名もなく、仏教で行う法事などの決まりがなくなるため、思い思いの自由な形で、遺影写真を飾ってお偲び会などの形で命日などに行われたりします。 もちろん 各家庭でお仏壇を安置されてもさしつかえありません。