開眼供養と撥遣供養

開眼供養(かいげんくよう)とは仏像・位牌・仏壇に対して命を吹き込む法要のことで、魂入れ、お性根入れなどとも呼ばれています。

撥遣供養(はっけんくよう)とは、仏像・位牌・仏壇から命を抜く法要のことで、魂抜き、お性根抜きなどと呼ばれています。

開眼供養・撥遣供養はいつ行うか

 

開眼供養は新しく仏像・位牌・仏壇を迎えた時に必要となり、引っ越しなどによって新しい場所に移す場合には撥遣供養の後に、新しい場所で開眼供養を行う場合もあります。

また、これらのものが不要になった場合には撥遣供養を行います。

 

開眼供養・撥遣供養に共通していえる大切な事は、「そこに諸仏に来て頂く」ということです。法要の中でお釈迦様や阿弥陀如来をお招きし、それらの諸仏の力で仏像・位牌・仏壇に命を吹き込むことになります。

 

四十九日法要後の白木位牌から本位牌への魂入れ

 

葬儀後の白木位牌は、四十九日法要の際に本位牌に代えるのが基本ですが、その際に白木位牌から本位牌に魂を移す法要が必要となります。

この時は、白木位牌から魂を抜き、さらに本位牌に魂を移す開眼供養を行います。

仏壇に開眼供養は必要?

 

お寺さまによっては仏壇に開眼供養は必要ないとされる方もいます。開眼供養は仏像と位牌だけで大丈夫という考え方です。

しかし、このような場合でも新しい仏壇を迎えた際に「落慶法要」を行うという考え方は成り立っています。

 

浄土真宗の入仏法要

 

浄土真宗では、他の宗派のような開眼供養や撥遣供養は行わず、本尊を新たに受けた場合や、仏壇を新調した場合は入仏法要を行いますが、この法要を「わたまし」「おわたまし」と呼ぶことがあります。

わたましとは移すという意味で、浄土真宗の入仏法要はご本尊やご影像などを移したうえで、荘厳をととのえ、浄土真宗の教えに基づく念仏の生活を送っていくことを確かめるとともに、その礎として本尊や仏壇を得たことを慶ぶ慶讃法要であるといえます。