南無大師遍照金剛とは?

南無大師遍照金剛

 

仏教には南無阿弥陀仏、南無釈迦牟尼仏、南無妙法蓮華経などのようにその宗派の教えの根幹となる短いお経(宗派により念仏・宝号・題目など呼び方はそれぞれ)があり、真言宗にも南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)という宝号があります。

 

南無とは、敬意や尊敬を表すサンスクリット語の「ナモ」を音写した仏教用語であり帰依するという意味があります。

大師とは偉大なる師を意味し、真言宗の開祖である弘法大師・空海のことを指します。遍照金剛は弘法大師が唐に渡り密教を学んでいた時に付けられた灌頂名(かんじょうめい)です。

 

 

つまり南無大師遍照金剛とは、弘法大師に帰依するということで、自分たちが生きていく上で弘法大師を拠り所として生きていくという意味があります。

また、遍照金剛には「太陽のように明るい光を照らす慈悲と、人を幸せにする仏さまのような砕けることのない智慧の持ち主」という意味があり、大日如来の別名でもあります。

 

 

四国八十八箇所

 

四国八十八箇所とは弘法大師が修行していた代表的なな霊場で、四国八十八箇所を巡ることをお遍路といい、お遍路の際に南無大師遍照金剛を唱えます。

またお遍路を行う際に着用する白装束の背中にも南無大師遍照金剛と書かれています。

これはお遍路を行う際に、自分の背後には大日如来がついているよ、弘法大師と二人で歩いているんだよ、という意味が込められています。