仏壇の飾り方 真宗大谷派(東)

引っ越しなどで仏壇を移動した時や、お掃除の際に仏具を取り出した時に「お仏具の並べ方がわからなくなってしまった」ということをよく質問されます。

仏壇の荘厳(飾り方)は宗派ごとに決まりがあり、覚えておくと便利です。

 

真宗大谷派(お東)の仏壇の飾り方

 

 

1.ご本尊

 

真宗大谷派のご本尊さまは、「阿弥陀如来」になります。脇侍は、向かって左側に「南無不可思議光如来(なむふかしぎこうにょらい)」の九字名号、向かって右側に「帰命尽十方無碍光如来(きみょうじんじっぽうむげこうにょらい)」の十字名号になります。

ご本尊さまは仏像ではなく掛軸が一般的です。阿弥陀さまの後ろに差す光の数は6本で、間違わないようにしてください(お西は8本)。

ご本尊さまは本山からお受けしたものを安置しましょう。

 

 

 

 

 

2.三具足(花立て・香炉・燭台)

 

前卓の上に向かって左から花立て・香炉・燭台の順番に安置します。香炉は土香炉(透かし香炉)と呼ばれる陶器製のものを使用し、燭台は鶴亀のものが一般的です。

 

 

 

 

 

3.吊モノ(灯篭・輪灯瓔珞・本山輪灯)

 

灯篭(とうろう)・輪灯(りんとう)は以下の配置で吊るします。

灯篭は仏壇の中やご本尊さまを明るく照らします。それに対して輪灯は仏壇の手前を照らしています。

以下の写真の通り輪灯瓔珞(りんとうようらく)は本山輪灯(ほんざんりんとう)とセットで吊り下げるのが一般的ですが、本山輪灯のみを荘厳する場合もあります。なお、瓔珞はもともとは高貴な人の首飾りでしたが仏壇の荘厳具として取り入れられました。

吊モノは基本的に1対で荘厳します。

 

 

 

 

4.仏器・供華・華瓶

 

ご飯は、仏器(ぶっき)に盛り付けて、ご本尊さまの前にお供えします。写真ではお供えを高くするために仏器台の上にお供えしています。

 

 

 

ご飯を盛りつける際は、盛糟(もっそう)を使って円筒形に盛りつけます。

 

   盛糟

 

お菓子や果物は供華(くげ)の上に半紙を敷いてお供えします。真宗大谷派では八角供華を用います。

 

 

 

華瓶(けびょう)は水を入れて樒(しきみ)の葉を挿し、極楽浄土の水(八功徳水)を表します。

 

 

 

5.打敷・過去帳

 

打敷(うちしき)はおもに法事の時に飾ります。打敷は、図のように前卓と台の間に挟み込みます。浄土真宗では三角打敷を使用します。

過去帳は置く位置に特に決まりはありませんが、見台に乗せて安置します。

 

 

以上が、真宗大谷派の一般的な仏壇の飾り方となります。