仏壇の飾り方 曹洞宗 

曹洞宗の仏壇の飾り方

 

1.ご本尊

 

曹洞宗のご本尊さまは仏教の開祖、「釈迦如来」で、坐像を祀ります。脇侍は向かって右側に「承陽大師(道元禅師)」、向かって左側に「常済大師(瑩山禅師)」を祀ります。両脇侍は掛け軸で祀るのが一般的です。

 

 

 

2.吊モノ(灯篭・瓔珞)

 

灯篭(とうろう)と瓔珞(ようらく)は以下の配置で吊るします。灯篭は仏壇の中やご本尊さまを明るく照らします。瓔珞はもともとは高貴な人の首飾りでしたが荘厳具として採用され、浄土の清らかさを表しています。

吊モノは基本、一対で荘厳します。

 

 

3.位牌

 

お位牌は写真のように仏壇内に安置します。写真では右側に安置していますが、左側でも構いません。お位牌には宗派ごとに決まった形や色はありませんので、お好みで選ぶことができます。写真では塗位牌を祀っています。

 

 

 

4.湯呑・仏飯器・高坏

 

湯呑・仏飯器・高坏はお位牌より下の壇に写真のような配置で祀ります。

湯呑にはお茶か白湯を入れ、仏飯器にはご飯を盛り付けます。お供えの際は仏器膳の上に置いてお供えします。湯呑は一対でお供えしていますが、置くスペースが小さい場合は一つでも構いません。

お菓子や果物は高坏の上に半紙を敷いてお供えします。

高坏は一対で荘厳します。

 

 

5.五具足(花立て・香炉・燭台)

 

五具足は、写真のように中央に香炉、その両サイドに1対の燭台、さらに外側に1対の花立てを祀ります。

 

 

 

6.御膳(お霊具膳)・打敷・過去帳

 

御膳や打敷はお盆やお彼岸・法事の際にお供えします。

御膳は膳引もしくは前机の上にお箸を仏壇側にセットしてお供えします。

御膳の中身は精進料理になります。くわしくは「コラム:お霊具膳」をご覧ください。

打敷は、前机に掛けて荘厳します。曹洞宗では長方形のものを使用します。

過去帳は見台に乗せて祀ります。置く位置に特に決まりはありません。

 

 

 

以上が曹洞宗の仏壇の飾り方になります。