どっこいしょ

どっこいしょ

 

重いものを持ち上げたりするときや、立ったり座ったりするときに、思わず「どっこいしょ」と声を発してまうことはありませんか?

 

 

 

実は、この「どっこいしょ」という言葉、仏教用語が由来といわれており、富士山などの霊山に登る時の掛け声「六根清浄(しょうじょう)」が訛って伝わったとされています。

六根とは仏教用語で、人間に備わった、六つの認識の根幹で、眼(視覚)、耳(聴覚)、鼻(嗅覚)、舌(味覚)、身(触覚)、意(意識)のことです。

人間の世界は我欲や執着にまみれており、正しい道を行くためには心を清らかにしなくてはなりません。そのためには不浄なものを見ない、聞かない、嗅がない、味わわない、触れない、感じないために山ごもりなどをして俗世間との接触を絶つことを「六根清浄」といい、修行者は「六根清浄」を口々に唱えながら山に入ったといわれています。

 

 

 

これが般若心経における「空」の思想で、この世のすべてのものは空(実体がない)であり、「空」を体得すべく行われるのが六根清浄なわけです。